外国法弁護士、売り手市場の背景 国際訴訟リスク高まり雇用増 (3/4ページ)

2014.9.12 06:13

外国法事務弁護士の登録者数

外国法事務弁護士の登録者数【拡大】

 今後は外資系に需要

 インターネット関連事業を手掛けるLINE(東京都渋谷区)の法務室で海外契約を担当する千日洋美氏は、米カリフォルニア州の弁護士資格を持つ。同社は海外ユーザーを獲得するため、各国での人気コンテンツの取得を目指し、ライセンス契約を進めている。

 外国法に精通している弁護士について千日氏は、「外国企業とは商習慣や法体系が違うので、日本の法律のバックグラウンドだけでは対応しきれない。米国弁護士の場合、英語ができるというだけにとどまらず、英米法を十分に理解している」と重宝される理由を説明する。

 今後については「外資系の日本法人での需要が増えるのではないか」(千日氏)とみる。同社では事業拡大に伴い、法務部の体制強化も積極的に行っていく方針だ。

近年、企業の法務部門が注目しているのが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。