東芝、誤差3センチ「GPS」でEVバスシステム開発 将来的に遠隔操作も (1/2ページ)

2014.9.13 06:52

 東芝は12日、「日本版GPS(衛星利用測位システム)」と呼ばれる準天頂衛星の電波を使ってEV(電気自動車)バスの位置を把握する交通システムの開発に、国内で初めて成功したことを明らかにした。従来のGPS衛星よりも精度が高く、自動運転車や農業機械の遠隔操作などへの活用が期待される。東芝は実用化でリードし、成長分野で主導権を握りたい考えだ。

 16日からシステムを搭載したEVバスの運行を同社の府中事業所(東京都府中市)で始める。従来のGPSの受信装置は海外メーカー製が主流だったが、東芝は日本無線と共同で国産の受信装置を開発した。日本の準天頂衛星は現在1機しかなく電波を受信できない時間帯があるため、システムはGPSと組み合わせて運用する。

 準天頂衛星は日本列島のほぼ天頂(真上)を通過する人工衛星。8の字を描くような軌道で東アジア地域をカバーする。

準天頂衛星が4機体制になる18年ごろの市販化を予定

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。