「ロボット」開拓に期待する住宅各社 事業化を急ぐ背景とは? (1/4ページ)

2014.9.14 07:04

大和ハウス工業本社で展示されるサイバーダインの歩行支援ロボット「HAL(ハル)」(右)、床下点検ロボット「モーグル」(中央)、アザラシ型ロボット「パロ」(左)=8月19日午前11時50分ごろ、大阪市北区(西川博明撮影)

大和ハウス工業本社で展示されるサイバーダインの歩行支援ロボット「HAL(ハル)」(右)、床下点検ロボット「モーグル」(中央)、アザラシ型ロボット「パロ」(左)=8月19日午前11時50分ごろ、大阪市北区(西川博明撮影)【拡大】

  • ロボット技術を応用したホンダの1人乗り電動一輪車「ユニカブ」の実用化に向け、積水ハウスが住宅内での実証実験を進めている=平成26年4月、大阪市北区(西川博明撮影)

 日本の住宅メーカー各社が「ロボット」事業分野の開拓を進めている。少子高齢化に伴う人口減で住宅需要が先細りする一方、医療・介護を中心にロボットの需要が増すと予想し、新たな商機に期待を寄せる。政府が今年6月にまとめた成長戦略に「ロボット産業の拡大」を盛り込んだことも追い風だが、各社の事業は始まったばかり。収益性のある事業に成長させられるかが課題だ。

 高価格ネック

 住宅最大手の大和ハウス工業は平成20年1月、住宅に続く「世の中の役に立つ事業」(樋口武男会長)の位置付けでロボット事業に参入した。

 取り扱うのは、出資先のサイバーダイン(茨城県つくば市)が開発した、脚に装着して歩行を助ける「ロボットスーツHAL(ハル)」や、大和ハウスと千葉工業大学などが開発した「モーグル」など。特にモーグルは住宅の点検で、人の目に頼っていた狭い空間のひび割れなどのチェックを肩代わりできるため、パナホームなど同業他社にも販売を広げている。

ロボット事業は「正直なところ赤字の状態」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。