地デジ移行3年…「デジアナ変換」来年3月終了、500万世帯で対応必要か (1/4ページ)

2014.9.14 07:05

デジアナ変換が映るテレビには画面の上下で来年3月の終了が告知されている(写真のテレビは地デジ対応)

デジアナ変換が映るテレビには画面の上下で来年3月の終了が告知されている(写真のテレビは地デジ対応)【拡大】

 ■地デジ移行3年 500万世帯で対応必要か

 地上デジタル放送移行に伴う臨時措置として、ケーブルテレビ(CATV)事業者がアナログテレビ向けに実施してきた「デジアナ変換」サービスが、来年3月末までに終了する。平成23年の地デジ移行から3年以上が経過したが、いまだ500万世帯近くでアナログテレビが見られているとの推計もあり、関係団体はテレビの買い替えなど早急な対応を呼び掛けている。(三品貴志)

 デジアナ変換は、CATV事業者が地デジ放送を低画質化し、アナログテレビでも地上波を見られるようにするサービス。地デジ移行によるテレビの買い替え負担や混乱を軽減するため、総務省がCATV各社に実施を要請していた。

 周知が不十分?

 同省や日本ケーブルテレビ連盟の推計では、今年1~2月時点で、少なくとも全国約110万世帯が家庭にある「1台目のテレビ」をデジアナ変換で視聴している。さらに「2、3台目」での利用も含めると、500万世帯近くで対応が必要になる可能性もあるという。

『暫定措置』と知らずアナログテレビを視聴するケースも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。