クレジットカード利用直後にクーポンや情報を配信 JCBが東京・新宿で実験

2014.9.16 19:05

 JCBは16日、同社が発行したクレジットカードの顧客に対して、カード利用後すぐにクーポンやお得な情報をスマートフォンなどに配信する国内初のサービスを始めると発表した。9月末から希望者を先着1万人限定で募集、10月から東京・新宿で実施する。

 利用者にクーポンを大量に配信するサービスはすでにあるが、会員の利用状況などを基に嗜好に合ったクーポンや情報に絞り込み、なおかつカード利用から7~8秒後に瞬時に配信するサービスは国内初となる。

 小田急百貨店や伊勢丹新宿店、ビックカメラ、ぐるなびなど新宿エリアに店舗や加盟店のある計13社と協業する。例えば、新宿のコンビニでの買い物をカードで決済すれば、協業社の計147店舗のクーポンや情報から、利用者の好みにあった配信がなされる。

 10月から2015年3月までの6カ月間は実証期間とし、15年10月からの本格展開を目指す。実証を踏まえ、利用者や展開地域、店舗を今後どう拡大していくかを検証する。参加料金は無料。

 カードの信用照会の仕組みを活用し、約2年かけてシステムを構築した。カード市場が飽和状態となる中、「欲しい時に欲しい情報が得られる」(山内研司加盟店事業統括部長)利便性の高いサービスを提供することで、差別化を図る。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。