ダイハツ、マレーシアで戦略車投入 三菱自はインドネシアに新工場 (1/3ページ)

2014.9.17 06:25

 自動車大手が東南アジア市場で攻勢をかける。16日、ダイハツ工業がマレーシアで低価格の低燃費車の発売を発表したほか、三菱自動車は約6億ドル(約642億円)を投じ、インドネシアに新工場を建設すると正式発表した。両社とも現地のニーズに応えた戦略車を投入して、将来の市場拡大に備える。

 ダイハツがマレーシアで発売したのは小型車「アジア(AXIA)」。軽自動車で培った低燃費・低価格技術を応用し、燃費性能は1リットル当たり21.6キロ。ダイハツがインドネシアで昨年発売した低価格小型車「アイラ」をベースに、エンジンを改良して燃費性能を改善したほか、猛禽(もうきん)類をイメージしたつり目のヘッドライトなど、現地で好まれるデザインを採用した。

 生産は、ダイハツとマレーシア政府の合弁による国民車メーカー「プロドゥア」の新工場で行う。プロドゥアはマレーシアで年間20万台(2014年見込み)を販売する最大手だ。

三菱自は17年上期までにミニバンを生産

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。