ニチレイ、香港に現法設立 人気の「日本産食材」輸出拡大へ

2014.9.17 17:37

 冷凍食品大手のニチレイは17日、香港での食品事業拡大に向け現地子会社を設立、10月から営業を始めると発表した。安全性や品質への評価が高い「日本ブランド」を前面に出し、主に日本から輸出するホタテなどの水産品や畜産品を、外食企業や食品問屋などに販売する。2015年度の売上高は7億円を見込む。

 新会社は「日冷鮮貨香港有限公司」で、グループ会社ニチレイフレッシュの完全子会社。香港へは従来、中国子会社を通じて販売していたが、今後の需要拡大を見込んで現地拠点を設けた。ニチレイグループの海外売上高は13年度に564億円。15年度までの中期経営計画では580億円を目指している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。