NEC アジア大洋州地域の小規模チェーン店向けにPOS端末とソフトを発売

2014.9.18 14:50

 NECは18日、アジア大洋州地域の小規模チェーン店舗向けに省スペース化に適したタッチパネルPOS(販売時点情報管理)端末を今月にも発売すると発表した。併せて短期間で導入可能なPOSソフトウエアも発売する。

 アジア大洋州地域の小売業は小規模のチェーン店が多い。NECは小型で手軽に導入できるPOS端末とソフトの投入で、現地の需要を取り込みたい考えだ。

 NECが新たに製品化したPOS端末「TWINPOS G5 52V1」は、高さ31・8センチ、幅36・7センチの省スペース設計で15インチのディスプレーを採用し、小回りをきくようにした。価格は端末が約12万円(税抜き)、ソフトが約5万円(同)。今後3年間で、端末5万台、ソフト1万ライセンスの販売を目指す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。