携帯電話のクーリングオフ、本丸の「端末販売」は適用除外に 業界要望受け総務省 (1/2ページ)

2014.9.18 20:28

 携帯電話や光サービスの契約をめぐるトラブルが増加していることを受けて、総務省の作業部会は18日、クーリングオフにあたる「初期契約解除ルール」を販売店に適用することを柱とする報告書案を策定した。ただ、7月の中間とりまとめに盛り込まれていた携帯電話端末の販売自体は新ルールの対象外とされた。

 委員からは「ルールが機能しない」と反対意見が相次いだが、通信事業者や販売店の強い反対に配慮した形だ。

 報告書案は、(1)事実と異なる説明や不利益な事実を故意に告げない行為の禁止(2)販売形態によらず初期契約解除ルール導入(3)解約可能な期間の延長・通知の徹底(4)通信事業者による販売店の監督-などが骨子。これらの制度化や自主的取り組みを検討すべきだとし、25日に開く「ICTサービス安心・安全研究会」に最終案を報告する。

 焦点となっていた新ルールの対象範囲については、店舗で契約する通信サービスなどは対象とするものの、携帯端末の契約そのものは対象外とした。

 総務省は「(新ルールによって)端末契約が自由に解除できるようになれば悪用の可能性もあり、販売店経営への影響も大きい」と判断し、当面は見送る方針。事業者の自主的なトラブル防止策の効果を注視することにした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。