東芝、スマホ・タブレット普及で低迷 PC事業の従業員2割強削減 (1/2ページ)

2014.9.19 06:14

 東芝は18日、パソコン事業の従業員の約2割強に相当する約900人を削減する構造改革を実施すると発表した。スマートフォンやタブレット端末の普及で個人向けの販売が低迷しており、固定費を2013年度比で200億円以上削減する。販売拠点を32から13に絞り込み、収益性の高い法人向けの販売に注力し、安定的に黒字を確保する。

 パソコン市場は昨年から米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」の買い替え需要があり、個人向けは伸びていたものの、今夏に終息。東芝は今後、スマホやタブレット端末の普及が一段と進むと判断し、構造改革を決めた。

 東芝のパソコン事業は14年3月期が営業赤字で14年4~6月期は営業黒字を確保している。

好調な電力・社会インフラ部門でカバー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。