ベネッセHDの原田会長兼社長が中核事業会社の社長も兼務 一体的に改革進める

2014.9.19 16:40

 ベネッセホールディングス(HD)は19日、10月1日付けで、原田泳幸会長兼社長が、中核事業会社のベネッセコーポレーションの社長を兼務すると発表した。ベネッセコーポレーションの小林仁社長はHD常務として、海外での新規事業を担当する。

 ベネッセグループでは、個人情報流出問題の影響もあって、主力の通信教育「進研ゼミ」などの会員数減少が大きな問題となっている。原田氏がHDとベネッセコーポレーションのトップを兼務することで、「改革の一体的に進め、より強力に成長戦略を実行する」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。