老朽原発は廃炉? 延長? 電力各社迫られる判断 (1/2ページ)

2014.9.19 22:48

 大手電力が老朽原発について、「廃炉」か「運転延長」かの選別を迫られている。原子炉等規制法で原則40年と定められた運転期間を延長する場合、安全対策などの改修に巨額の費用がかかるためだ。経済産業省は年内にも、電力各社に廃炉か延長かを決めるよう求める方針だ。関西電力や九州電力などは老朽原発の廃炉も含めた検討を進めており、各社は今後難しい対応を迫られる。

 電気事業連合会の八木誠会長(関電社長)は19日の会見で、「(廃炉は)各社が費用対効果などを総合的に勘案して決めることだ」と説明した。

 国内には運転開始から30年以上が経過した老朽原発が18基ある。経産省は古くなった原発を廃炉にすることで、比較的新しい原発の早期再稼働に理解を得る思惑もあるとみられる。

 運転から40年を超える原発の再稼働には、通常よりも厳しい「特別点検」を行った上で、新基準を満たしているかどうかの審査を原子力規制委員会へ申請する必要がある。特別点検やその後の審査をクリアするには、改修などに多額の費用がかかる見込みだ。

 廃炉の検討対象になるのは小規模で古い原発だ。運転開始から40年以上が経過した関電の美浜原発1号機(福井県)は出力34万キロワット、同2号機は50万キロワットで、合計しても大飯原発(同県)の1基分にも満たない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。