NEC、災害時事業継続に「クラウド」を活用

2014.9.23 05:03

 NECは22日、IHI運搬機械(東京都中央区)に災害時の事業継続性を向上させるインターネット経由で運用するクラウド基盤サービスを提供すると発表した。IHI運搬機械は、機械式立体駐車場向け遠隔監視システムでクラウド基盤サービスを活用し、10月から利用を開始する。

 IHI運搬機械の機械式立体駐車場の遠隔監視システムは、これまで自社サーバーで運用していた。遠隔監視システムは、24時間365日の稼働が求められるため、災害時の事業継続計画(BCP)対策が課題となっていた。

 今回、NECが提供するクラウド基盤サービスは専用の運用要員が24時間365日監視する。さらにセキュリティーが確保された同社のデータセンターで運用する。IHI運搬機械は、災害時でも安心してシステム運用ができると判断し、NECのクラウド基盤サービスの採用を決めた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。