CATV映像をタブレットで鑑賞 NEC

2014.9.24 16:22

 NECは24日、ケーブルテレビ(CATV)の契約者がライブ放送や録画放送を簡単にタブレット端末で鑑賞できるソリューションを発売した。映像を再生できるアプリケーション(応用ソフト)を組み込んだタブレット「ラビィ・タブ」のほか、故障対応などのサポートサービスをセットで提供する。

 価格は8インチのタブレットが3万4300円(税別)、10・1インチが4万9300円。CATV事業者向けに3年間で1万5000台の販売を目指す。

 これまでCATVの鑑賞はテレビで見ることが多かったが、ほかの部屋からタブレットで見たいという利用者が増えている。ただ、高齢者はアプリの組み込み方法がわからず、CATV事業者も動作確認作業が大きな手間となっていた。

 そこで、NECはタブレットに事前にCATVの映像を再生できるアプリを組み込み画面上に専用アイコンを付けた。今回、付加価値を高めるため、技術の問い合わせや故障などにも対応するサポートサービスも同時にセットで提供する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。