パナソニック、PC目標1年前倒し達成へ 法人向け注力、東芝などと明暗 (1/2ページ)

2014.9.26 06:25

パナソニックの4K対応の法人向けタブレット端末の新製品

パナソニックの4K対応の法人向けタブレット端末の新製品【拡大】

 パナソニックは、ノートパソコンなどを手がけるITプロダクツ事業の2014年度売上高が1200億円に到達、15年度目標を1年前倒しで達成する見通しであることが25日、分かった。堅牢(けんろう)性の高いパソコンとタブレット端末が海外の法人を中心に販売を伸ばしているためだ。

 米マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズXP」の買い替え需要の反動減で、個人向け販売が中心の東芝などは苦戦を余儀なくされており、収益の安定した法人向けに注力するパナソニックと業績で明暗が分かれている。

 パナソニックは、欧米のインフラ事業者や警察、消防などに落下や衝撃に強いパソコンとタブレット端末を販売。現地で、さまざまな業種に合わせて製品化するサービスが好評で、14年上期(1~6月)に欧米向け端末を大幅に増産。さらにロシアや中南米などの新興国向けも好調に推移している。

人件費が安く大量生産できることから価格競争力をもつ中国や台湾メーカーのシェアが高い

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。