NHK朝ドラ開始で“主役”ニッカ攻勢…50万円の限定ウイスキーも発売

2014.9.26 19:16

ニッカが30日発売するウイスキー新ブランド「ザ・ニッカ」の12年物(左)。右は700本限定、1本50万円の40年物=26日、東京都千代田区

ニッカが30日発売するウイスキー新ブランド「ザ・ニッカ」の12年物(左)。右は700本限定、1本50万円の40年物=26日、東京都千代田区【拡大】

  • ニッカが700本限定で発売する「ザ・ニッカ40年」。参考本体価格は50万円と同社史上最高だ

 アサヒビール傘下のニッカウヰスキーが26日、ブレンデッドウイスキーの新ブランド「ザ・ニッカ」を今月30日に発売すると発表した。同ブランドの数量限定ボトル「40年」(参考本体価格50万円)も売り出す。国産ウイスキー各社の販売は好調で、ニッカ創業者、竹鶴政孝氏の生涯を描くNHK連続テレビ小説「マッサン」も追い風に、市場のさらなる活性化を目指す。

 「竹鶴生誕120年、創業80年という記念の年にふさわしいウイスキーができた。新しい旗艦ブランドへと育てたい」。アサヒの平野伸一専務は、発表会見でそう意気込みを語った。

 700本限定の「ザ・ニッカ40年」は、同社史上で最高価格。1945年に蒸留した同社最古の原酒などをブレンドした、重層的で芳醇な香りの逸品だ。

 通年販売する「12年」(同5000円)は、従来のブレンデッドウイスキーよりも比率を増やしたモルトのコクと、グレーンのまろやかな甘さが調和。いずれも竹鶴が自ら考案した狛犬と兜のエンブレムを瓶にあしらい、高級感を演出している。

 今年上期の国内ウイスキー需要は前年同期比で約4%成長。拡大を支えているのはここ数年来のハイボール人気だが、それを入口にファン層が広がった高価格帯の本格ウイスキーは、より大きな伸びを示している。

 ニッカの1~8月販売実績をみると、「ブラックニッカ」の6%増に対して「竹鶴」は39%伸長。今後の「マッサン効果」も期待し、竹鶴の年間販売計画を当初比2割増、前年比4割増の186万本に上方修正した。

 キリンディスティラリーも、主力「富士山麓」の販売が約10%増と好調。最大手サントリー酒類は昨年から20億円を投じ、原酒生産力を4割引き上げた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。