ゆうちょ銀が1兆3千億円を自社株買い うち7千億円で日本郵政が年金債務を処理へ

2014.9.29 19:15

 日本郵政の西室泰三社長は29日記者会見し、来春以降の株式上場に向け、グループ内の資本組み替えを行うと発表した。傘下のゆうちょ銀行が30日に自社株買いを行って1兆3千億円程度を日本郵政に移す。日本郵政はうち7千億円を、国営の旧郵政省時代から続く年金債務の一括処理に充て、上場前に財務内容を改善する。

 残る6千億円は資本増強に充て、物流システムの再構築を加速する。

 西室社長は「資本変更により、経営の柱である郵便局ネットワークを強化し、グループ全体の経営強化につなげる」と述べた。また「投資家が安心できるし、説明しやすい」とも述べ、年金債務の一掃により、投資家の財務懸念を払拭すると協調した。

 日本郵政の連結自己資本約13兆4千億円のうち、ゆうちょ銀が約11兆5千億円を占めており、資本をグループ全体で有効活用する。

 日本郵政は平成27年春をめどに準備を整え、来年度の上場に備える。株式の3割強は政府が保有するが、実質的な民間企業に踏み出すことになる。日本郵政上場後は「1年以内」(西室社長)をめどにゆうちょ銀やかんぽ生命保険も上場する方針だが、民間金融機関との競争環境の整備などが課題となる見通しだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。