パナ「テクニクス」ブランド復活 新製品順次投入、女性ファン獲得も狙う (1/2ページ)

2014.9.30 06:20

復活したオーディオブランド「テクニクス」の新製品「R1シリーズ」=29日、東京都港区

復活したオーディオブランド「テクニクス」の新製品「R1シリーズ」=29日、東京都港区【拡大】

 パナソニックは29日、2010年に生産を中止したオーディオの高級ブランド「テクニクス」の復活第1弾として、CDを上回る音質の新規格「ハイレゾリューション音源」に対応する製品7機種を15年2月から国内で順次投入すると発表した。テクニクスブランドはラインアップを今後拡充し、18年度に売上高100億円規模を目指す。

 第1弾の新製品は、同社の音響技術を結集した旗艦モデルの「R1シリーズ」と、比較的手頃な価格帯で高音質を楽しめる「C700シリーズ」の2シリーズで、全て受注生産。欧州では12月に先行発売する。

 R1シリーズは3機種で、自然で表現力豊かな音を再現できるというパワーアンプ「SE-R1」が税別158万円、スピーカーの「SB-R1」が134万8000円(1本)。C700シリーズはCDプレーヤを含む4機種で、アンプの「SU-C700」は15万8000円。

女性ファンも近づきやすい製品を投入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。