トヨタが新型ボート SUVエンジン使い低価格「海の可能性を追求」 (1/2ページ)

2014.10.11 06:52

 トヨタ自動車は10日、走行性能と快適な居住空間を両立した新型ボート「PONAM(ポーナム)-31」の販売を開始した。自動車に搭載するエンジンや技術を活用し、価格を抑えた。愛好家だけでなく、これからボートでマリンライフを楽しもうと考えている人などにも売り込みたい考え。

 トヨタは1997年にマリン事業に参入。自動車メーカーらしく、走りの楽しさや操縦性にこだわった商品作りに取り組んでいる。

 日産自動車がマリン事業からの撤退を決めるなど市場環境は厳しく、シェアも伸び悩んでいるが、この日の発表会で、トヨタの友山茂樹常務役員は「日本は海洋国家。海のモビリティの可能性を追求するのはトヨタの責務であり、開発、生産能力を維持していく」と述べた。

高出力のディーゼルエンジンを船舶用にチューニング

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。