日本MS、日本独自の新「オフィス」を17日に発売 年内にもアイパッド向けにも提供 

2014.10.1 18:28

日本独自の「オフィス」の提供をアピールする米マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)=1日、東京都中央区(黄金崎元撮影)

日本独自の「オフィス」の提供をアピールする米マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)=1日、東京都中央区(黄金崎元撮影)【拡大】

 日本マイクロソフト(MS)は1日、日本独自の新しい事務統合ソフト「Office(オフィス)」を17日から発売すると発表した。また、米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」向けにオフィスのアプリを年内にも提供することも発表した。

 今回、日本向けに設計されたのは「オフィスプレミアム」と「オフィス365ソロ」。

 オフィスプレミアムが搭載されたPCを購入すると、永続的に最新版のオフィスを無償でダウンロードできる。さらに月60分の無料通話や画像の保存、さまざまなデバイスでオフィスが利用できる「オフィス365」が1年間使える。

 オフィスプレミアムは今後、17日以降に出荷するPCやMSが提供するタブレット型ノートPC「サーフェスプロ3」に搭載される。

 一方、オフィス365ソロはオフィスを搭載していないPCに用意したソフト。PC2台まで利用できる。アップルのPCでもオフィス365のサービスを1年間利用できる。価格は1万1800円(税別)。

 この日の会見には米MSのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が登場。「われわれのサービスをあらゆるデバイスであらゆる人々に使えるようにしたい」と語り、日本向け製品への意気込みを語った。

 日本MSは、最新版オフィスの無償提供や、他社の端末でも同社のソフトやクラウドサービスを使えるようにし、さらに利用率を高めたい考えだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。