シャープがフルハイビジョン対応の大型液晶テレビを増強 50インチ前後の3機種を20万円台で

2014.10.2 19:36

シャープの液晶テレビ

シャープの液晶テレビ【拡大】

 シャープは2日、液晶テレビ「アクオス クアトロンプロ」の新商品3機種を発表した。業界ではフルハイビジョンの4倍の解像度となる「4K」放送対応テレビに注力する動きが加速しているが、地上デジタル放送を高画質で見たいというニーズは依然強いとみて、フルハイビジョンの最上位モデルを拡充する。

 11月10日に発売する「XL20」シリーズの新商品は46~60インチの3商品で、想定価格は21~28万円。クアトロンプロは、フルハイビジョンパネルの1画素に、3原色(赤・緑・青)に黄色を加えて表示する独自の「4原色技術」で、「画素数を超える描写力がある」(同社)という。

 同社の「4Kレコーダー」と組み合わせれば、4K試験放送も視聴できる。また、セガが今秋提供を始めるテレビ向け知育アプリ(応用ソフト)「テレビーナ」に対応。スマートフォンと連動して、子供が遊びながら学ことができるという。

 4K放送についてシャープ液晶デジタルシステム第1事業部の戸祭正信事業部長は「テレビにとって新しいチャンス」と強調する一方で、「(地デジなどの)2Kのプレミアムに対する需要はまだ、十分にある」と指摘。地デジ対応の上位機種の中で「クアトロンプロ」ブランドの比率を高め、フルハイビジョンを楽しむ消費者のニーズを取り込む戦略だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。