自動車「新ビッグ3」王座の行方は? アクセル踏む“1000万台クラブ” (2/3ページ)

2014.10.4 07:12

  • 新ビッグ3の世界販売推移

 だが、市場シェアは4.8%程度で、「今後もさらに拡大していきたい」と意気込む。VWや仏ルノーなど現地勢に加え、GMなど米国勢の後塵(こうじん)も拝しており、巻き返しが迫られている。

 トヨタは13年度に自動車メーカーとして史上初となる世界販売1000万台を達成した。豊田章男社長は「以前のように台数は追わない」と慎重な姿勢を崩さないが、14年暦年で1022万台の販売を計画。その水準の維持には、金城湯池である日本と北米だけでなく、欧州や中国でのシェア拡大が不可欠になる。

 トヨタに肉薄しているのがVWだ。マルティン・ウィンターコルン会長は1日のショー開幕前夜のイベントで、14年に世界販売1000万台を超える計画の達成に自信を見せた。ショーではモーターだけで50キロ走行する中型車「パサート」のプラグインハイブリッド車(PHV)も公開。トヨタが得意とするエコカーでも追い上げる。

「1000万台クラブ」のライバルは規模拡大にアクセルを踏む

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。