自動車「新ビッグ3」王座の行方は? アクセル踏む“1000万台クラブ” (3/3ページ)

2014.10.4 07:12

  • 新ビッグ3の世界販売推移

 王座から遠ざかっているGMも虎視眈々(たんたん)と復権を狙っている。

 1日には、中国で18年までに140億ドル(約1兆5000億円)を投じ、5つの工場を建設する計画を発表した。年間500万台以上を販売し、米国に続く収益源に育てたい考えだ。お膝元の米国もリコール問題の影響が懸念されたが、9月の新車販売は前年同月比19.4%増と好調で、首位を維持している。

 VWも中国で18年までに約180億ユーロ(約2兆4000億円)を投じ生産能力を高める構えで、「1000万台クラブ」のライバルは規模拡大にアクセルを踏む。トヨタは拡大路線の反省から、13年から3年間の工場新設を凍結しているが、いかに競争力を高めていくかが問われている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。