大手流通2社、増税で消費低迷浮き彫り プライベートブランドにも“狂い” (1/2ページ)

2014.10.4 07:10

2014年8月中間連結決算の会見に臨むイオンの岡田元也社長(右)=3日午後、東京都千代田区

2014年8月中間連結決算の会見に臨むイオンの岡田元也社長(右)=3日午後、東京都千代田区【拡大】

 大手流通2社の2014年8月中間連結決算では、総合スーパー事業がともに不振となるなど、消費税率引き上げによる個人消費の低迷が浮き彫りになった。夏場の天候不順もあるが、円安による輸入価格や電気料金、ガソリン価格の上昇など、家計負担が増えたことで、消費者の生活防衛志向が強まっている。

 「増税による来店客数減から回復していない」。3日、決算発表したイオンの岡田元也社長は、厳しい表情で語った。

 政府は4月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減が収まれば、個人消費が先行する形で国内景気の回復が顕著になるとみていた。

 セブン&アイ・ホールディングスは6月が勝負とみていたものの、「前回(1997年)の増税よりも売り上げの戻りは遅い」(村田紀敏社長)と嘆く。9月以降について、村田社長は「消費環境に大きな変化はみられない」と、慎重な姿勢を崩さない。

「中途半端な価格設定で、安さのメッセージが伝わらなかった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。