挨拶できる女性型ロボット、東芝など開発 身長165センチ、肌の質感や表情も

2014.10.6 19:36

東芝が開発した簡単な会話や手話ができるヒト型ロボット=6日、千葉市美浜区の幕張メッセ

東芝が開発した簡単な会話や手話ができるヒト型ロボット=6日、千葉市美浜区の幕張メッセ【拡大】

 東芝は6日、人間らしい容姿で簡単な挨拶や手話をするヒト型ロボットを開発したと発表した。大阪大学や芝浦工業大学、湘南工科大学、ベンチャー企業のエーラボ(東京都千代田区)と共同で開発した。来年度にも受付窓口や展示会の案内係用のロボットとして実用化を目指す。

 東芝が共同開発したヒト型ロボットは、身長165センチメートルで女性の容姿をしており、肌の質感や目の動きが人間に近く、腕や手を動かして会話や手話を行う。生身の人間のように、うれしそうな表情もみせる。

 今回、東芝は産業用ロボットの技術を生かし、多関節ロボットの動作アルゴリズムを開発。芝浦工業大学と湘南工科大学がセンサーで動作を指示する技術、エーラボと大阪大学がロボットの人間らしい容姿や表情づくりを担当した。

 東芝は今後も開発を進め、センサー技術や音声合成技術などを組み合わせ、2020年にも高齢者や認知症患者の話し相手、遠隔カウンセラー、手話・見守りロボットでの活用を視野に入れている。

 ヒト型ロボットは7日から開幕する家電見本市「シーテックジャパン」に参考展示する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。