あすCEATECに出展 脂肪の燃焼度が“見える”ウエアラブルをドコモ開発 (1/3ページ)

2014.10.6 13:31

皮膚ガスの「アセトン」を測るウエアラブル端末(左下)。アセトンの数値と脂肪燃焼の程度を示すイラストがタブレット画面に表示される=東京都千代田区(柳原一哉撮影)

皮膚ガスの「アセトン」を測るウエアラブル端末(左下)。アセトンの数値と脂肪燃焼の程度を示すイラストがタブレット画面に表示される=東京都千代田区(柳原一哉撮影)【拡大】

  • アセトンを測るウエアラブル機器。円形のセンサー部が腕の皮膚に接するようアタッチメントを使って取り付ける=東京都千代田区(柳原一哉撮影)

 NTTドコモは、人の皮膚から出るガス成分の一種「アセトン」を測定するウエアラブルデバイス(身に着けられる端末)を世界で初めて開発した。運動などで脂肪燃焼が進むとアセトンの放出量が増える相関関係がある。どれくらい脂肪燃焼が進んだかスマートフォン(高機能携帯電話)上に表示して“見える化”し、食事の改善や運動の動機付けにつなげる機器で、実用化に期待がかかる。

 ■「指標」としてのアセトン

 ドコモは7日から始まる「シーテックジャパン2014」にこの試作機を出展する。

 アセトンは、体脂肪が分解・燃焼される際に体内で生じ、皮膚から自然に放出される。脂肪が運動などのエネルギーとして使われ、燃焼されるとアセトンの放出量が増える。どれくらい運動したかを指し示す「マーカー(指標)」として利用可能なわけだ。 

 ドコモ先進技術研究所(神奈川県横須賀市)の檜山聡主任研究員は、「体を動かさない睡眠中はアセトンの放出量が少なく、ジョギング中とその後は放出量が増えることが確かめられている」と説明。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。