文化支援で制作 短編映画が受賞 スリーボンド

2014.10.6 05:00

短編映画作品「時ノカケラ」を手がけた真壁幸紀監督(右)とプロデューサーの松本ゆりふぁさん(中)、短編作品に詳しい俳優の別所哲也さん=東京都渋谷区

短編映画作品「時ノカケラ」を手がけた真壁幸紀監督(右)とプロデューサーの松本ゆりふぁさん(中)、短編作品に詳しい俳優の別所哲也さん=東京都渋谷区【拡大】

 接着剤大手スリーボンドの持ち株会社スリーボンドホールディングス(東京都八王子市)は、同社の文化支援活動の一環で制作したショートフィルム(短編映画)作品の上映会を都内で開いた。

 「時ノカケラ/A Piece of Dogu」は、小学校卒業時に校庭に埋めたタイムカプセルから見つかった土偶によって、小学校時代の記憶を呼び覚ましていく女性を描いた約25分の作品。5月に開かれた短編作品の映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014」のジャパン部門で映画ファンの投票によって選ばれるオーディエンスアワードを受賞した。

 報道関係者向けの上映会であいさつした同作品の真壁幸紀監督は「多くの人に評価されたことはうれしい。今後も良い作品が世に出せるよう精進したい」と語った。

 同社は各方面で活躍する若き芸術家たちの才能をくっつけて、新たな表現を生み出す「クリエーターズボンディング」と呼ばれる文化支援活動を2011年から展開している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。