マック、通期業績は170億円の最終赤字に転落 中国鶏肉問題で売り上げ急減

2014.10.7 15:46

記者会見する日本マクドナルドホールディングスのサラ・カサノバ社長=7日、東京都中央区(会田聡撮影)

記者会見する日本マクドナルドホールディングスのサラ・カサノバ社長=7日、東京都中央区(会田聡撮影)【拡大】

 日本マクドナルドホールディングスは7日、平成26年12月期の連結最終損益が170億円の赤字に転落する見通しだと発表した。期初には60億円の黒字という見通しを発表していたが、中国から輸入していた鶏肉の品質期限切れ問題が発覚後、売り上げが落ち込み、いったんこの予想を白紙撤回していた。

 通期赤字は15年12月期以来、11年ぶり。

 今回発表した予想では売上高は2210億円、営業損益も94億円の赤字になる。5月に1-3月期連結決算を発表したときは、売上高2500億円、営業黒字117億円と予想していた。

 だが、7月に品質期限切れ鶏肉問題が発覚し、同月末の中間決算発表時には通期の業績見通しを「未定」としていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。