シャープ、「8K並み」の4Kテレビ開発 独自「4原色技術」活用 (1/2ページ)

2014.10.8 15:04

 経営再建中のシャープが、フルハイビジョンの4倍の画素数の「4K」のパネルを使いながら、4Kよりさらに4倍の画素数の「8K」に匹敵する画質の液晶テレビを開発していることが8日、分かった。8Kの試験放送が始まる平成28年にも発売する方針。8Kテレビは現在市販されていないが高価になるとみられ、シャープは割安で「8K並み」のテレビを提供し、収益改善につなげる。

 シャープは昨年、フルハイビジョンのパネルで「4K並み」の画質を実現した液晶テレビを発売。従来の液晶パネルで使う赤色、緑色、青色の光の3原色に、黄色を加えた独自の「4原色技術」を活用している。

 バックライトには日本人3人のノーベル物理学賞受賞対象になった発光ダイオード(LED)を高効率で適用。4色をきめ細かく制御することで、画素数では劣るものの画質を高めることに成功した。同じ技術を4Kのパネルにも応用し「8K並み」を実現する。

「8K並み」でコストを抑え、消費者の選択肢を広げる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。