LINEがグリーと組みモバイルゲーム事業に本格進出 サイバーAとも合弁

2014.10.9 17:02

今後のビジネス戦略を説明するLINEの森川亮社長=9日午後、千葉県浦安市(山沢義徳撮影)

今後のビジネス戦略を説明するLINEの森川亮社長=9日午後、千葉県浦安市(山沢義徳撮影)【拡大】

 LINEとグリーは9日、共同出資でモバイルゲームの企画・開発会社「Epic Voyage(エピック・ボヤージュ)」を設立することで基本合意した、と発表した。これにより、LINEはモバイルゲーム市場に本格進出する。

 「Epic Voyage」は今月31日に設立。資本金は1千万円で、社長には荒木英士・グリー 取締役執行役員が社長になる。

 新会社や開発するゲームの内容などは順次、発表するが、LINEプラットフォーム向けゲームの企画・開発を主な事業とし、LINEのゲーム配信プラットフォーム「LINE GAME」を通じてグローバルに提供していく。

 モバイルゲームの先駆者であるグリーの高い開発力、アジアを中心に国際展開するLINEの豊富なユーザー基盤など、両社の強みを組み合わせる。

 またLINEは同日、サイバーエージェントとも並行してゲームコンテンツの開発で共同出資会社を設立することで合意したと発表した。設立は11月4日の予定で、資本金は1億円。日高裕介・サイバーエージェント副社長が社長になる。LINEプラットフォーム向けゲームの企画・開発を行う。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。