日生がドル建て劣後債で2400億円調達

2014.10.10 19:14

 日本生命保険は10日、欧米やアジアを中心とする海外市場で、ドル建て劣後債22億5000万ドル(約2400億円)を発行すると発表した。生命保険会社への新たな資本規制の導入をにらみ、財務基盤を強化する。

 劣後債の発行は平成24年に続いて2回目。償還期間は30年で、当初10年間は金利を年5・10%で固定し、その後は5年ごとに見直す。生保業界では28年から欧州で厳しい資本規制が適用され、日本にも導入される可能性がある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。