“iPhone6狂想曲” 激怒する中国人「ワタシタチ自分で使うんだよ!」  (1/7ページ)

2014.10.12 07:07

 徹夜組が出るほどの熱気に包まれた米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」の発売。9月19日、米アップルの直営店「アップルストア」には大勢の中国人が殺到した。ほぼ全量が中国本土で製造されているものの、その中国が日米欧や香港などの先行発売地域から外されたためだ。日本で発売される端末をそのまま高く転売しようとする動きもあったとされる。大阪の「アップルストア」では、在庫が切れて買えなかった中国人とみられる客が店内外で大声を上げてヒートアップ。警察官約50人が駆けつける騒動にまで発展した。“アップル狂想曲”の現場を追った。

 御堂筋で何が…

 「転売じゃないよ。ワタシタチ使うため。ワタシタチ自分で使うんだよ!」

 9月19日の夕方、大阪のメーンストリート御堂筋に面した「アップルストア心斎橋」(大阪市中央区西心斎橋)。記者が発した不用意な言葉が中国人の怒りの火に油を注いでしまった。

 恐る恐る「転売目的で買う人もいると聞きましたが…」と中国人グループの一人に質問したのがいけなかったのか-。

「販売台数はわれわれの予想を超えている」とうれしい悲鳴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。