ネット銀行、外貨預金強化に懸命 残高減に歯止め、金利や手数料を優遇 (1/2ページ)

2014.10.13 08:30

 インターネット専業銀行が外貨預金の金利や手数料を優遇するサービスを打ち出している。円安の進行で投資家が外貨預金を円に換金して差益を得る動きが続き、預金残高が減少。高金利が人気の資源国通貨の手数料を引き下げたり、円預金から外貨預金に振り替えた際に高金利を適用するなど投資家の目を外貨預金に向けようと懸命だ。

 ソニー銀行は6日、ブラジル通貨のレアルで預金を始める際、手数料を1レアル当たり90銭から半額の45銭に引き下げ、さらに3カ月の定期預金だと通常年6%の金利を7%にするキャンペーンを12月1日までの期間限定で始めた。 

 住信SBIネット銀行は今月12日まで2カ月間の限定で豪ドルとニュージーランド・ドルの優遇策を実施したが、豪ドルについては金利と手数料の双方を優遇する新たなキャンペーンを検討している。

楽天銀行は6日から、円普通預金から外貨定期預金に振り替える際…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。