【奉行フォーラム2014】最新技術で顧客に選ばれる業務システム開発 中堅・中小企業向け導入シェア№1 (1/2ページ)

2014.10.14 11:49

開発本部は約260名体制で奉行シリーズを開発

開発本部は約260名体制で奉行シリーズを開発【拡大】

 ――数字だけでなく「奉行シリーズ」というブランドも市場に浸透している。

 和田 OBCが現在、開発し提供している「奉行シリーズ」は、「勘定奉行」と「給与奉行」「人事奉行」といった基幹業務系のコアの部分に絞っている。顧客層は幅広い業種にわたっており、その業種別のシステムについては専門のソフト開発会社の得意分野。我々が、そうした個別の業務にまで手を広げようと考えたことはない。専門メーカーとパートナーとして提携し、基幹業務システムと個別の業務システムを連携させることで顧客にとって導入しやすく、高い操作性と生産性向上を実現してきた。いわばOBCは“作家”でありコンテンツを開発している。それを書籍にするか、デジタル化して提供するか。これはパートナーが顧客のニーズに対応してシステム化していくプロセスと同じと考えている。それは企業のBCP(事業継続性計画)対策や運用負荷軽減を図るというニーズに対応して、安心・安全なクラウドに対応するということも同様だ。あくまでもOBCとして「選択と集中」を進める中で、基幹業務パッケージに特化していくという方針は揺るがない。

 ――消費税10%、マイナンバー制度、さらに人事面では従業員50人以上の事業場を対象に年1回のストレスチェックが義務化されるなど会計・人事労務パッケージシステムにも変更が求められ、OBCにとってはビジネスチャンスにもなる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。