進化感じる薄さと軽さ…「iPad Air 2」を一足先に触ってみた (1/2ページ)

2014.10.18 08:07

アップルが10月下旬から発売するタブレット端末の新製品「iPadAir2」(右)と「iPadmini3」(左)=17日、東京都港区(黄金崎元撮影)

アップルが10月下旬から発売するタブレット端末の新製品「iPadAir2」(右)と「iPadmini3」(左)=17日、東京都港区(黄金崎元撮影)【拡大】

  • 現行機種より18%薄くなったアップルの「iPadAir2」=17日、東京都港区(黄金崎元撮影)

 米アップル社が前日に新型タブレット端末「iPad Air2(アイパッドエア2)」と「iPad mini3(アイパッドミニ3)」を発表したことを受けて、日本法人のアップルジャパンは17日、東京都内の本社で両製品をマスコミなどに先行公開した。10月下旬の発売に先駆け、一足先に触ってみた。

やっぱり薄いエア2

 何といっても、進化を感じさせたのはエア2の「厚さ」だ。現行機種「iPad Air」よりも1.4ミリ薄い6.1ミリとなった。ほぼ2割も薄くなっている。さらに重さもWi-Fiモデルでは32グラム軽い約437グラムとなったことで、現行機種よりぐっと持ち運びやすくなった。厚さは2010年に発売した初代アイパッドの半分以下となった。

 機能面では、スマートフォンの「iPhone」に先に装備された指紋認証センサー「タッチID」が今回の新機種でも、ホームボタンに搭載された。パスワードを打たずに、画面ロックを解除し、アプリの購入までできるという。

期待膨らむ大容量化

 背面カメラが従来の500万画素から800万画素となり、高速連写やスローモーション撮影ができる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。