九電、再生エネ買い取り手続き再開 出力50キロワット未満、電力他社追随か (1/2ページ)

2014.10.22 06:58

 九州電力は21日、新規受け入れを中断している再生可能エネルギーについて、太陽光発電などによる出力が50キロワットに満たない小口の電力は買い取り手続きを再開すると発表した。

 中断を発表した9月24日までに申し込みがあった1万1129件が対象で、合計の発電容量は32万1000キロワット。接続可能量を検証した結果、電力の安定供給への影響が比較的少ない範囲で受け入れの拡大が可能と判断した。同様に受け入れを中断している東北、北海道など電力4社も追随する可能性がある。

 九電は、天候次第で出力が変動する太陽光発電の設備が増えすぎると電気の品質を保てずに停電が起きる恐れがあるとして、10キロワット未満で自家消費している家庭用の太陽光などを除き、9月25日から再生エネの受け入れを中断していた。

しかし、発電用の土地を既に購入している事業者や…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。