ホンダが役員報酬を一部返上 フィットなどでリコール相次ぎ

2014.10.23 15:28

 ホンダは23日、主力小型車「フィット」などでリコール(無償の改修・修理)が相次いでいることを受け、伊東孝紳社長を含む役員13人の報酬を一部返上すると発表した。伊東社長は月額報酬の20%、他の役員は10%で、いずれも11月から3カ月間。

 品質問題が原因で役員報酬を返上するのは同社では初めてという。

 これに先立ち、同社はエンジンの点火装置などに不具合があるとしてフィットのハイブリッド車(HV)など4車種計42万5825台(平成25年6月~26年10月生産分)のリコールを国土交通省に届け出た。

 フィットHVのリコールは25年10月以降5回目となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。