まるで本物みたい!広がる3Dプリンタービジネス 課題は人材不足 (1/3ページ)

2014.10.25 17:17

3Dプリンターを活用して作られた本人そっくりの立体お面=大津市のREAL-f

3Dプリンターを活用して作られた本人そっくりの立体お面=大津市のREAL-f【拡大】

  • REAL-fが3Dプリンターを活用して作ったペットの立体肖像画

 データを基に立体の造形物をつくる「3Dプリンター」を活用したビジネスが盛り上がりをみせている。本人そっくりの立体的なお面やフィギュアといったユーモラスな商品から、医療、住宅分野など多岐にわたって用途が拡大。ただ、装置を使いこなせる人材の不足がネックとなり、産業界に広く浸透していくのはまだこれからのようだ。(板東和正)

 リアルに再現

 「肌のつや、しわ、目(め)力(ぢから)まで本人そっくりだ…」

 大津市のベンチャー企業、REAL-f(リアルエフ)が作った精巧なお面を目にすると、誰もがギョッとする。同社は平成23年11月から、3Dプリンターに独自の転写技術を組み合わせて人の顔を立体的に再現するお面のオーダーメードを受注している。

 製作方法は複数あるが、写真から2~3週間で完成させる場合、まず依頼者の写真を3次元化したデータを3Dプリンターで出力し、樹脂で「型」を作る。その型に独自技術で顔写真を転写し、しわやほくろなど細部まで再現。目の部分には透明な樹脂を入れて水晶体を表し、奥行きのある瞳を作り出す。

「直接、型を取らなくても写真データだけで立体物を作れるようになった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。