「4K」本格始動も民放局から困惑の声 『視聴者目線』考え直す時期 (1/4ページ)

2014.10.26 07:19

今月開かれた家電・IT見本市「CEATECJAPAN(シーテック・ジャパン)」では、各メーカーによる4Kテレビの展示も目立った=千葉市(宮崎瑞穂撮影)

今月開かれた家電・IT見本市「CEATECJAPAN(シーテック・ジャパン)」では、各メーカーによる4Kテレビの展示も目立った=千葉市(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

 ハイビジョンより高精細な映像が楽しめる4Kテレビ向けのサービスが本格化してきた。光回線を利用した「ひかりTV」は今月27日から4K番組の有料配信を始め、衛星放送の「スカパーJSAT」は来年3月、CSで有料チャンネルを開設。4Kテレビの普及に期待が集まる一方、事業化や番組制作に当たっては手探り状態も続いている。(三品貴志、本間英士)

 「ひかりTVなら衛星放送やケーブルテレビ(CATV)より早く4K番組を楽しむことができる。十分な通信速度や画質、安全性も確保できている」

 ひかりTVを運営するNTTぷららの板東浩二社長は今月3日の会見で、光回線を通じた4Kテレビの浸透に期待を込めた。

 ひかりTVの4Kサービスは、見たい番組を好きなときに視聴できるビデオ・オン・デマンド(VOD)形式。映画や独自コンテンツに加え、NHK、TBS、テレビ東京も番組を提供し、今年度末までに200本以上を配信予定だ。

4Kの“主戦場”は当面、VODに?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。