ホンダ減速…初の国内100万台断念 リコール打撃、新型車投入できず (2/3ページ)

2014.10.29 06:00

 品質の確認作業に追われた結果、今期中に予定していた6車種の新型車をこれまで1台も投入できない状況に陥った。消費税増税による販売減をてこ入れするはずの新型車の効果がなくなった上、新型車目当てに増加するとみていた販売店への来店客は逆に減少し、もくろみは大きく狂った。

 海外にも変調の兆しがある。得意としてきた中国は「市場の勢いが鈍化し、競争が激しくなっている」(岩村副社長)ため、販売計画を従来の90万台以上から80万台以上に引き下げた。米国でも値引き競争で利益が圧迫されている。

【次ページ】伊東孝紳社長ら役員は報酬を一部返上

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。