“プレミアム”投入で缶コーヒーの逆襲なるか 老舗ダイドーの熱意、キリンは二極化対応 (1/4ページ)

2014.10.29 09:59

ダイドードリンコの「泡立つデミタスエスプレッソ」

ダイドードリンコの「泡立つデミタスエスプレッソ」【拡大】

 コンビニエンスストアでいれ立てのドリップコーヒーが飲める「カウンターコーヒー」のヒットなどで最近、押され気味の缶コーヒー。だが、メーカー各社も手をこまねいているわけではない。消費者の多用なニーズに対応すべく、従来の商品より高品質をうたった“プレミアム缶コーヒー”を続々と投入し始めた。いずれも高級感、本格感を前面に出し、巻き返しを図ろうとしている。“プレミアム缶コーヒー”に参入する各社に、その思惑を聞いてみた。

サントリーの技術を結集、キリンは二極化

 高級豆を極限までひいた「微粉砕コーヒー」をブレンドし、ボス史上最高峰のコクを実現したのがサントリーの「プレミアムボス」だ。「微粉砕コーヒーは当社の技術を結集したものです。缶コーヒーの品質を保つためには、豆のカスなどの有機物を除去しないと、どうしても後味の悪さやザラザラ感が出てしまうという問題がありました。今までに出せなかったコクやうまみを出したのがプレミアムボスの特徴です」(サントリー食品インターナショナルコーポレートコミュニケーション部)。

キリンは希少黄金豆「ブルボン・アマレロ」を100%使用

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。