電気・ガス料金 12月分一斉下げ

2014.10.30 21:17

 全国の電力10社と大手都市ガス4社は30日、原燃料費調整制度に基づく12月分の電気・ガス料金を発表した。火力発電用の石炭や液化天然ガス(LNG)など輸入燃料の価格が下落したため、全社が2カ月ぶりに一斉値下げとなる。

 電力10社の標準的な家庭の値下げ幅は前月比6~15円。最大は中部で、東京(14円)、沖縄(9円)、中国(8円)がこれに続く。都市ガス4社の値下げ幅は6~11円で、東京と東邦が最大。

 原燃料費調整制度は、原燃料費の変動に応じて電気、ガス料金を毎月見直す仕組み。今回は7月~9月の平均価格を基に算定した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。