日産、EV初の商用車を発売 走行コストは「ガソリン車の6分の1」 (1/2ページ)

2014.10.31 05:58

 日産自動車は30日、同社の電気自動車(EV)としては初の商用車「e-NV200」を発売した。運送業者など法人をターゲットに、環境負荷の低さや経済性をアピール。EVの販売拡大にはずみをつけたい考えだ。

 e-NV200は、2010年に発売した「リーフ」に続く2車種目の量販EV。補助金込みの価格は303万440円からで、同クラスのガソリン車より高いが、1キロ走るのにかかるコストは約6分の1という。“走る蓄電池”としてコンセントを備えており、作業時や災害時にバッテリーから電力を取り出せる。

 販売目標は月500台で、6月の発表後、企業や個人事業主などから約500台の受注がある。スペインの工場で生産し、日本に輸入される。

 EVは1回の充電で走行できる距離が限られるため、電池切れの不安から購入をためらうケースが少なくない。商用車は宅配や営業のルートが決まっている場合が多く、EVに適しているとされる。

課題だった充電インフラも整備が進んでいる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。