資生堂、中間営業益ほぼ半減 天候不順や中国事業の低迷で 

2014.10.31 19:37

 資生堂が31日発表した9月中間期決算は、営業利益が前年同期比46・4%減の109億円と大幅な減益となった。消費税増税や天候不順の影響で国内の売り上げが落ち込み、米国の物流センター統合に伴う費用が膨らんだ。尖閣諸島をめぐる日中関係の悪化による中国事業の低迷も響いた。

 魚谷雅彦社長は同日の記者会見で、「大変厳しい残念な業績だが、今期中に必ず構造的な課題を改革する」と述べた。売上高は海外事業の円安効果などで1・4%増の3656億円。スキンケアなどを展開する「カリタ」「デクレオール」ブランドの売却益の計上で、最終利益は4・6倍の246億円となった。

 魚谷社長はこの日、改革策として来年4月をめどにした組織の見直しを発表。本社と販売会社に分かれていた営業機能などを統合し、デジタル事業などを独立部門にすることで顧客視点の浸透を図る。

 また、原価低減などで15年度から3年間で300億~400億円の費用削減の目標を設定した。不振の中国事業は不良在庫の引き取りを進めて立て直しを目指す。

 改革策に伴い15年3月期業績予想を下方修正。売上高は前期比1・0%増の7700億円、営業利益は49・6%減の250億円、最終利益は14・7%増の300億円とした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。