SIMロックの解除、来年5月から義務化 総務省が指針案発表

2014.10.31 12:12

 携帯電話会社が他社回線で端末を使えないよう制限している「SIMロック」の解除について、総務省は31日、ガイドライン改定案を発表し、意見募集を始めた。来年5月以降発売する新製品から解除に応じるよう義務付ける。また、端末契約時に店頭などでロック解除について説明することや、解除して通信契約を切り替えた端末の修理窓口を明確にするよう求める。

 端末購入からロック解除が可能になるまでの期間について、同省は「海外渡航先で現地会社のSIMカードに差し替えて使うニーズもあるため、3カ月程度の短い期間が望ましい」としているが、改定案では各事業者の判断に委ねているため、対応はまちまちになる可能性がある。

 同省によると、格安スマートフォンなどのMVNO(仮想移動体通信事業者)契約数は昨年末時点で約670万件と全体の4%程度にとどまっているが、SIMロック解除の義務化で2年後に倍増すると見込んでいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。