上半期の携帯電話契約、ドコモの純増は5倍の119万件に KDDIを振り切る

2014.10.31 19:06

NTTドコモの加藤薫社長

NTTドコモの加藤薫社長【拡大】

 NTTドコモとKDDIの今年度上半期(4-9月期)の携帯電話の契約数が31日わかった。新規契約から解約を引いた純増数は、ドコモが119万件で前年同期比で約5倍に伸びた。一方、KDDIは消費増税の影響で4-6月期が大きく落ち込んだことで、4-9月期では前年同期より27万件少ない107万件にとどまった。

 NTTドコモは9月19日に発売した米アップルの人気スマートフォン「アイフォーン」の出荷ペースが比較的順調だったことに加え、前年度末に1%に達した解約率が0・62%まで改善。番号乗り換え制度(MNP)の転出数も前年同期の4分1以下の9万件にとどまった。

 ソフトバンクモバイルの契約数は、11月4日のソフトバンクの中間決算発表時に公表される予定。

“スマホに弱い”専業主婦 ドコモに戻りたい…「今」の乗り換え、本当におトク?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。