“日銀奇襲戦法”内外に不信感 不満ぶちまけ、いらだつ機関投資家ら (1/4ページ)

2014.11.3 06:52

大規模な追加緩和を発表する黒田日銀総裁。市場関係者の間には不信感が芽生えている=10月31日、東京都中央区の日銀本店(ブルームバーグ)

大規模な追加緩和を発表する黒田日銀総裁。市場関係者の間には不信感が芽生えている=10月31日、東京都中央区の日銀本店(ブルームバーグ)【拡大】

  • 追加金融緩和を受け、東証のある東京・日本橋兜町の株価ボードも大幅な続伸を表示した=10月31日午後、東京都中央区(早坂洋祐撮影)

 10月31日に黒田東彦(はるひこ)日銀総裁が発表した電撃的な追加緩和策は、同日の東京市場での円急落に続き、週末のニューヨーク外国為替市場でも円相場を6年10カ月ぶりに一時1ドル=112円台にまで押し下げた。もくろみ通り当面は円安基調が定着するとの見方が出ている。しかし、今回の日銀の対応に不信感を抱いた市場関係者は少なくない。今後の「市場との対話」に悪影響を与えるのは避けられそうもない。

 いらだつ機関投資家

 「直前までのアナウンスと全然違う」「(国債を買い占めて)債券市場を壊す気か」。日銀が追加の金融緩和を公表した10月31日の夕方、日銀の大会議室では、追加緩和の内容を説明する内田真一企画局長らに対し、機関投資家らがいらだちを抑えきれない表情で厳しく問い詰めていた。

 日銀で金融政策を大きく変更したり、半年ごとに「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」をまとめたりした場合に、機関投資家や「日銀ウオッチャー」と呼ばれるエコノミストら40~50人を対象とした恒例の説明会。通常は1時間ほどで終了するが、この日は殺気だった雰囲気で約2時間も質問が途切れなかった。

日銀ウオッチャーらがこれほど強く不満をぶちまけるのは異例

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。