“日銀奇襲戦法”内外に不信感 不満ぶちまけ、いらだつ機関投資家ら (2/4ページ)

2014.11.3 06:52

大規模な追加緩和を発表する黒田日銀総裁。市場関係者の間には不信感が芽生えている=10月31日、東京都中央区の日銀本店(ブルームバーグ)

大規模な追加緩和を発表する黒田日銀総裁。市場関係者の間には不信感が芽生えている=10月31日、東京都中央区の日銀本店(ブルームバーグ)【拡大】

  • 追加金融緩和を受け、東証のある東京・日本橋兜町の株価ボードも大幅な続伸を表示した=10月31日午後、東京都中央区(早坂洋祐撮影)

 日銀と市場の“窓口”である日銀ウオッチャーらがこれほど強く不満をぶちまけるのは異例。背景にあるのは黒田総裁への不信感だ。

 黒田総裁は10月上旬の記者会見まで追加緩和の必要性を否定し、10月中に何度も国会に呼ばれた際も2年で2%の物価目標への「道筋は順調」と強気の見通しを貫いた。

 今回の追加緩和を予想できた日銀ウオッチャーは少なかっただけに、市場は完全に意表を突かれて円安と株高が急速に進んだ。その意味でサプライズ緩和を評価する見方は多い。

 だが、複数のエコノミストからは「黒田さんの言葉を信じていたのに、恥をかかされた」「日銀ウオッチャーがある意味がない」と恨み節も聞こえる。

 近年、各国の中央銀行は金融市場の大きな混乱を避けるため、「市場との対話」を重視してきた。

「白川方明前総裁より対話力は上」と期待されていた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。