10月の百貨店3社、前年比プラスは三越伊勢丹だけ 外国人ビジネスは好調

2014.11.4 19:13

 百貨店大手3社が4日発表した既存店ベースの10月売上高速報は、三越伊勢丹が前年同月比プラスを確保したが、高島屋とJ・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店の2社は2カ月続けて前年割れした。

 2度の台風で客足が落ちたことなどが響いた。10月から消費税の免税対象が拡大されたため、訪日外国人向けの販売は好調だった。

 高島屋は0・4%減。コートなどの季節商品が好調で、外国人向けの免税品の売り上げも倍増したものの、台風による営業時間の短縮や、地方店の販売不振が足を引っ張った。

 大丸松坂屋も、悪天候などが響き1・7%減だった。ただ訪日外国人向け販売は2・5倍に増え、高額品も好調。同社は「4月の消費税増税の影響は消え、台風などの要因を除けば消費は堅調」としている。

 一方の三越伊勢丹は前年同月比0・3%増となり、4カ月連続でプラスを確保した。三越銀座店が21カ月連続で前年を上回った。同店は新たに免税対象となった化粧品などが伸び、免税品の売り上げが2・5倍に増えた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。