【ステップアップ】八楽 ビジネス文書翻訳システム (1/2ページ)

2014.11.5 05:00

利用者の利便性を優先したシンプルな操作画面

利用者の利便性を優先したシンプルな操作画面【拡大】

 ■低価格、簡単操作 17言語に対応

 多言語コミュニケーションツールの企画・開発・運営を手掛ける八楽(やらく)は、ビジネス文書などの翻訳支援システム「YarakuZen(ヤラクゼン)」を発売した。日本国内と海外の日系企業向けに英語、中国語、韓国語のほか、欧州系言語、アジア系言語など17カ国語に対応している。既存のシステムと比べて操作が簡単で、月額9504円からの低価格で導入できる。9月の発売以来、中小、ベンチャー企業を中心に、ログインするための権利であるアカウントは約400アカウント成約している。年内に1000アカウント、来年までに1万アカウントを目指す。

 日本国内の産業翻訳市場は約2000億円と推定され、翻訳会社は約2000社あるとされている。2008年のリーマン・ショック後、大企業だけでなく中小企業もグローバル展開を進めているため、翻訳市場はさらに伸びることが予想される。

 ヤラクゼンはユーザーが文書を日本語で入力してクリックすると、機械が翻訳した文書が複数表示される。表示された文書をユーザーが修正したり、承認することで効率的に翻訳することができる。修正した結果はメモリーに自動的に保存、蓄積されるため、次回以降の機械翻訳に自動的に反映されて翻訳の精度が向上する。人が全てを翻訳する場合に比べて3倍以上効率を高めることができる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。